トリプトファンの効果

トリプトファンの効果

トリプトファンとは、たんぱく質を構成する必須アミノ酸の一つで、脳に運ばれることでメラトニンというホルモンの原料になります。このメラトニンは催眠鎮痛、精神安定作用があり、不眠やうつにも効果があるといわれています。

 

しかし、トリプトファンは、体内では生成できない物質のため、食事で体内に取り込む必要があり、以下のような食品から体内に取り込むことが必要になってきます。トリプトファンが含まれる食品には、バナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、肉類、赤身魚、糸引納豆、すじこ、たらこ、そばなどがあります。

 

 

脳に働くアミノ酸であるギャバとトリプトファンには、神経を鎮めてくれる作用あるので、これらの成分をしっかりと摂取することは、不眠やイライラの解消にも効果があるといわれています。

 

十分な摂取をすることで、

 

・夜ゆっくり安らげる
・朝がすっきり起きられる
・睡眠の質向上で仕事がはかどる
・朝の食事がおいしく食べられる

 

こんな、生活面での変化があらわれてきます。